ゆったりとお風呂に浸かれる

一人暮らしを始めるに当たり、バス・トイレ別の賃貸物件を希望する方が多くいます。その最大のメリットは、お風呂に入った時に洗い場でのびのびと体を洗える点です。バス・トイレ一体型の場合、浴室の洗い場にトイレが設置されています。したがって、浴槽内で体を洗わなければいけません。それだと狭すぎて窮屈に感じてしまうものですよね。その点、バス・トイレ別の物件ならば浴槽の外に体を洗うスペースが設けられているので、洗い場をゆったりと使うことができます。また、バス・トイレ一体型の場合、トイレが同じ空間にあるために圧迫感を抱きやすいです。しかし、バス・トイレが別ならば浴室を広々と使えるので、湯船にゆったりと浸かることが可能ですよ。

収納に困ることがない

バス・トイレ別の物件は、収納スペースをきちんと確保できる点もメリットといえるでしょう。浴室にシャンプーやボディソープなどのアイテムを置いている人が多いですよね。とりわけ女性の場合、シャンプーなどのアイテムにこだわりのある人が多いものです。しかし、バス・トイレが一体になっている場合、収納スペースがないために物を置く場所に困ってしまいます。その反対に、浴室がトイレから独立している場合、収納スペースが付いていることが多いです。また、収納スペースが設けられてなくても、新たにグッズを取り付けることで収納場所を確保することが可能です。したがって、お風呂で使うシャンプー、リンス、せっけんなどのアイテムを保管できるので大変便利ですよ。