単身向けの1DKの部屋はゆとりのある間取り!特徴について

単身者向けの賃貸物件で代表的な間取りが「1DK」の部屋です。1DKの部屋の特徴は、ダイニングキッチン(DK)の1室と居室が完全に分かれているところです。単身向けのそのほかの1Rや1Kの部屋の間取りよりも総面積は広くてゆとりがあります。各部屋が広めなので、ダイニングキッチンに大型家電を置いても圧迫感がありません。居室にも様々な家具やインテリア用品を置くことができます。1DKの部屋は家具選びの自由度が効くことや、インテリアを楽しめるところも魅力的です。その一方で1Rや1Kの部屋よりも、家賃や光熱費は高くなる傾向があります。このような様々な特徴があるため、1DKの部屋を選ぶときは十分に理解したうえで、自分の生活にマッチするかを考えて最終的な決定をしましょう。

単身向けの1DKの部屋に向いている人とは?料理を楽しみたい人

単身向けの1DKの部屋にかぎったことではありませんが、様々な間取りの部屋があるなかで、それぞれの住まいに向き不向きはあるものです。1DKの部屋に向いている人とは、料理が好きな人が挙げられます。ダイニングキッチンの1室は広いですし、料理をするスペースも広めです。気に入った大型の冷蔵庫を配置することも可能ですし、棚を置いてオーブンレンジなどの色んな調理機器を配置してもゆとりのあるスペースを確保できるでしょう。そして、キッチンスペースには、お気に入りの食器や調理器具を置く場所を設けることができますし、料理をするときの使い勝手が良いところも魅力的です。手狭なキッチン場所よりも、料理をするときの導線もスムーズであることから、快適に自炊ができるところも良いポイントです。